このページの先頭へ

南海高野ほっと・ねっと

世界遺産・高野山へは、南海電車で。お問い合わせ

天空の聖地へ 高野山ケーブルカー

高野山ケーブルカーとは

高野山ケーブルカーは、高野線の終着駅である極楽橋駅と真言密教の聖地高野山の玄関口である高野山駅を結ぶ路線です。

ケーブルカーは、法律のうえでは「鋼索鉄道」という種類にあたり、当社では『鋼索線』と呼んでいます。

1930(昭和5)年に開通し、国内でも有数の歴史を誇り、高野山への参拝客はもちろん、高野山にお住まいの方の交通手段としての役割も担ってきました。

全長0.8Km、高低差328mで東京タワーとほぼ同じ高さを約5分で一気に昇ります。

映像提供:ビコム株式会社

ケーブルカー

ケーブルカーは
どう動くのか?

ケーブルの太さ、巻上機主索輪の大きさ、
そして最大乗車人員が日本一の
高野山ケーブルカー。

はたしてどうやって動いているのでしょうか?

ケーブルカー ケーブルカー ケーブルカー

歴代ケーブルカー
の紹介

初代ケーブルカーの開通から88年!

2019年春、新型ケーブルカーが
堂々デビュー!

Information

イベント 高野山ケーブルカー歴史展 〜開通から88年間の軌跡〜

期間中、難波駅・天下茶屋駅・高野山駅・2300系車内の4カ所で、高野山ケーブルカーの88年間の軌跡を辿る写真展を開催!

初代高野山ケーブルカーの写真

イベント 54年間ありがとう3代目高野山ケーブルカースタンプラリー

期間中、南海電鉄主要駅に設置の専用パンフレットに高野山内3カ所に設置しているスタンプをすべて集めると、特製ピンバッジ(非売品)をプレゼント!

3代目高野山ケーブルカースタンプラリー

お知らせ さよなら南海コ11型・コ21型、コ12型・コ22型
高野山ケーブルカー記念乗車券

3代目高野山ケーブルカーの引退を記念した乗車券を、極楽橋駅発版と高野山駅発版の2種類発売。また、南海電鉄主要駅に設置の特製チラシが乗車券の台紙に!

高野山ケーブルカー記念乗車券