飛行三鈷杵(ひぎょうさんこしょ)(重文)

飛行三鈷杵(ひぎょうさんこしょ)(重文)

806年、弘法大師空海が唐(中国)から帰国する際、日本における寺院建立にふさわしい土地を祈願して明州の港から密教法具の1つである「三鈷杵」を、東の空に向けて投げました。帰国後、その三鈷杵を探し求めると高野山の松の木にかかっているということが分かりました。こうして高野山の地が開かれ真言密教の道場となり、「三鈷杵」がかかっていた松の木は「三鈷の松」と呼ばれるようになりました。
以降、高野山では「飛行三鈷杵」をとても大切にし、現在まで厳重に保管されています。通常は封印をして納めているため、よほどの機会が無い限り見ることができません。