諸尊仏龕(しょそんぶつがん)(国宝)

諸尊仏龕(しょそんぶつがん)(国宝)

806年、弘法大師空海が唐(中国)から持ち帰ったと伝えられています。一本の白檀(びゃくだん)の木を3つに分け、蝶番(ちょうつがい)でつないだ高さ23㎝、3面開きの小さな仏龕(石や木などをくり込み、厨子状に仕上げたもの)であり、中央の龕には如来坐像を中心に十一尊、左右の龕には菩薩像を中心にそれぞれ七尊が刻まれています。